那須野が原ハーモニーホール

仲道郁代トーク&コンサート「大作曲家のひみつ~ショパン編」

ピアノの詩人ショパン ― その人生と魅力
ピアノの詩人ショパン。 世界でもっとも愛されている作曲家のひとりであるとともに、ピアニストにとっては、永遠の謎ともいわれる神秘的な存在。ピアノというたったひとつの楽器に生涯を捧げた孤高 の天才ショパンは、この楽器のなかに、どのような世界を描こうとしたのでしょうか。 最新の研究成果と、膨大な歴史画像を駆使して、ショパンの波乱の生涯と、彼が生きた激動の時代を旅しながら、珠玉の傑作たちとともに、その魅力のすべてを浮き彫りにします。ピアニストとしてのキャリアをずっとショパンとともに歩んできた、日本を代表するピアニスト仲道郁代による、ショパンへのオマージュ。 仲道郁代と浦久俊彦のクロストークや、会場全員参加のクイズ大会も見どころとなる、音楽の魅力とヨーロッパ文化歴史を知るレクチャー&コンサートです。

仲道郁代

仲道郁代(なかみちいくよ)©Kiyotaka Saito
4歳からピアノを始める。国内外での受賞を経て、1987年ヨーロッパと日本で本格的にデビュー。温かい音色と叙情性、卓越した音楽性が高く評価され、人気、実力ともに日本を代表するピアニストとして活躍している。これまでに国内外のオーケストラと共演を重ねている他、2016年秋からはデビュー30周年を記念した公演が、全国各地で予定されている。音楽の無限の可能性を信じ、子どものためのプロジェクト、ワークショップ、演劇とのコラボレーションなど多彩な活動も実施。魅力的な内容とともに豊かな人間性が多くのファンを魅了している。CDはソニー・ミュージックと専属契約を結び多数リリース。新著の『ピアニストはおもしろい』(春秋社)も版を重ねている。メディアへの出演も多く、音楽の素晴らしさを広く深く伝える姿勢は多くの共感を集めている。 オフィシャル・ホームページ http://www.ikuyo-nakamichi.com

浦久俊彦

浦久俊彦(うらひさとしひこ)
作家、文化芸術プロデューサー。パリで音楽学、歴史社会学、哲学を学ぶ。フランスを拠点に音楽を中心に、幅広く文化芸術プロデューサーとして活躍。帰国後、三井住友海上しらかわホールのエグゼクティブ・ディレクターを経て、浦久俊彦事務所を設立。多彩な分野のアーティストのオリジナル企画を手がけるほか、一般財団法人欧州日本藝術財団代表理事、公益財団法人日仏会館文化事業委員として、日本とヨーロッパの文化芸術交流にも力を注いでいる。著書に『フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか』(新潮社)、『138億年の音楽史』(講談社)がある。 オフィシャル・ホームページ http://www.urahisa.com

開催
2017/08/06[日] 15:00開演(14:30開場)
大ホール
チケット
指定席 一般4,000円(友の会会員3,600円) 大学生以下2,000円
※未就学児の入場はお断りいたします。
発売日
2017/05/11[木] 9:00 友の会会員優先電話予約開始
2017/05/13[土] 9:00 一般発売開始
2017/05/15[月] 9:00 一般電話予約開始
出演
ピアノ&トーク:仲道郁代
トーク&ナビゲーター:浦久俊彦
オール フレデリック・ショパン プログラム
幻想即興曲 嬰ハ短調 作品66
ノクターン 嬰ハ短調 「レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ」
12のエチュード 作品10より「別れの曲」「革命」
ポロネーズ第6番 変イ長調 作品53「英雄ポロネーズ」
バラード第1番 ト短調 作品23
ほか
プレイガイド
那須野が原ハーモニーホール 0287-24-0880
セブンチケット http://7ticket.jp/
仲道郁代トーク&コンサート イープラス http://eplus.jp/

■ この公演は託児サービスがあります ■

小さなお子様がいる方に、ゆっくり公演を楽しんでいただけるよう託児室を設置します。
ご希望の方は、公演の10営業日前までにお申し込みください(直前のお申込みでは対応できかねます)。

 利用料:お子様お一人につき1,000円(保険料込)
 定 員:お申し込み先着10名様まで
 対 象:満2歳から小学3年生までのお子様
 お申込:営業時間内にお電話ください(TEL:0287-24-0880 9:00-17:00)